スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい教育

日本が敗戦後、高度経済成長の波に乗って欧米諸国を必死で追いかけていた時代はバブルの崩壊とともに終焉を迎えた。言われたことを忠実にこなし、つまり文部省が用意した指導要領にそって教師がお手本を示し、それをきちんと覚えた者が優秀だと判断され、あらかじめ用意された答えを忠実に復元できることが求められた。そういう人間を大量生産することが教育の目的で、そのまま日本の国力に繋がった。

しかし、時代の流れとともに技術革新が進み、皮肉なことに日本人が研究開発したロボットが日本人のお家芸を奪った。今では、伝統工芸職人仕事だけが日本人に委ねられているが、それも時間の問題だろう。1977年から大学入試に共通一次(現センター入試)が採択され思考過程よりも結果、より速く、より正確に求められた正解を出すのが教育の基本となった。

2011年3月11日、信じられない光景が映像に映し出された。マグニチュード9.0震度6強の地震が東日本を襲い、その直後の津波、それに引き続いて福島原発問題。これらはすべて想定外の事象がもたらした結果だろう。想定外、つまり正解がない状態での中で解答を導かなければならない。それは国内だけでない、海外でもこのことは大きく取り上げられて地震、津波による惨状だけでなく、原発によるさまざまな被害が自国に及ぶことを懸念している。

先日、ご父兄との面談で大学、及び高校入試の形態が変わってきていますと申し上げた。データ(資料)を見て自分なりに考えて解答を出す問題が増えています。それでも、模範となる正解は用意されてはいるが、記述力や思考力は問われている。その問題が入試の合否を決定することになるでしょう。ゆとり教育は「生きる力」を看板に推進されてきたが、日本人にもはやそんな余裕はなく「生き残る力」が必要になった。企業でも自社の存続のためには日本人を経営陣のトップに置くことは念頭にない。それは世界のどの企業でもとっくに行われてきていることだ。日本の大学を出たからといってなんのアドバンテージも受けられない。英語くらい話せて当たり前、できればもう一カ国語、話せなくては世界で通用しない。海外に一歩出てみると分かる。

学習する内容も時代に合わせて優先順位を刷新しなければならない。古代史、中世史よりも近代史、現代史、現在の各国の政治情勢、経済情勢。なぜならそれらは密接に結びついているだけでなく微妙なバランスの上に成り立っているからだ。少しはお笑い番組やバラエティー番組を減らして世界の投機マネーがどこからどこに流れているのか、日本の金利がなぜ世界に比べて著しく低く抑えられているか、日本はどういう国家を目指せばいいのか考えてみたらどうだろうか。日本の国債が破綻してハイパーインフレが起きてからでは笑ってばかりもいられない。

これまでも、日本に憂慮すべき問題が山積されてきた。年金問題、医療福祉問題、累積赤字問題、地方分権、高齢化という人口の波の変化の対応、それらもすべて正解がない。正解がないからといってそれらを先送りにしてきてしまった。正解はなくても解答はなんとか導き出さなければならなかった。マークシート方式、○×方式で育てられた官僚にはできなかったのかもしれない。日本だけでなく世界でも、知識ばかりのつまった頭でっかちの人間の集団より、眼前の命題を迅速に解いていく能力、それを現実の行動に移していけるリーダーシップの取れる人間が求められている。




納得するまでの学習BAU福田塾
http://www.baufukuda.com/index.html
スポンサーサイト

巣立ち

3月は卒業の季節。小学校、中学校、高校、大学などいろいろな場所で卒業式が行われる。今までの学舎に別れを告げ、また次の新天地で能力を磨き、才能を発揮しなければならない。卒業は英語ではgraduation(グラデュエーション)が一般に知られている単語だが、そのほかにcommencement (コメンスメント)がある。もともと「始まる」commence (コメンス)という意味から派生した語だが卒業が終わりではなく始まりを意味するとは前向きの姿勢が表れていていかにもアメリカらしい。

アメリカでは高校卒業とともにほとんどが家から出て独立を余儀なくされる。高校を卒業してからも親からの援助があるほうが珍しく、たとえ大学進学にしても自分で奨学金を勝ち取るか、数年働いてお金を貯めてから大学に行く。アメリカでは留年制度がないので試験に落ちたらその道は閉ざされてしまう。医者や弁護士になるために医学部や法学部などでは学費を稼いでもらうために結婚するケースも多い。したがって大学には通常、夫婦で暮らす家族寮も設けられている。

日本ではどうだろう。親子の絆が強いのはまことに微笑ましく、すばらしいことなのだろうが、ややもするとこどもの自立を妨げることにもなりかねない。本来、親の務めはこどもが自立するまでエサを与え、こどもを敵から守ることだ。アメリカではこどもが自立する時期を高校卒業だと暗黙の了解がなされているが、日本の自立の時期はいったいいつなのだろうか。朝こどもを起こしてあげて、お弁当を作ってあげて、中には学校の持ち物をそろえてあげて上げ膳据え膳で、毎月お小遣いまであげて本当にこどもに自主自立の精神が育つのだろうか。

日本にはご丁寧に成人式という国民的な儀式があるが、毎年ディズニーランドでの成人式やモラル低い若者が暴れただとか式を妨害しただとかのニュースが流されたりする。こどもが大学に行くにも親が受験のために宿探し、入学金から引っ越し、その後の仕送りまで面倒をみるのが当たり前のように思われているがどうかと思う。親の務めはいったいいつになったら終わるのだろう。就職や結婚の世話まで焼く親もいる。そして結婚の結納金や結婚式の費用、新婚旅行の費用も親の務めなのだろうか。そんなこどもは結婚してからも平気で親からの援助を求めてくるかもしれない。

これは日本の国と地方の関係の縮図でもある。地方の財政が困れば国の交付金にお願いして何とかしてもらう。国からたくさんの仕事(お金)を地方に持ってこられる議員が偉いとされてきたが、国も多額の借金を抱えた今日では、はいはいと簡単に交付金も出せなくなってしまった。国からの交付金が減額されたり、公共事業が減らされたとたん地方が疲弊、破綻してしまうのは、親からの仕送りがなくなったら生きていけない大学生と同じ構図だ。親の金をあてにするこども、国の金をあてにする地方、増税で税金をあてにする政府、どこかで一線を画す必要がある。

巣立ちを妨げるものとして規制や干渉があげられる。巣立っていくことは次第に規制や干渉が緩和されて、最終的には自己判断に委ねるということだ。小遣いはいくら、何時までに帰ってこい、ああしろ、こうしろというのもすべて親、国などのひも付きの金だからだろう。自己責任といいながら規制を厳しくする。飲酒運転による事故があると一斉に規制強化に繋がっていく。地震による被害がでると耐震構造の規制強化。食品産地偽装が発覚するとまたまた規制強化。メディアも視聴率を稼ぐために演出を交え放送するから規制強化が自然の流れでできあがってしまう。規制が多くなった分、それを担当する役場が増える。規制を作り監督する場が新設されると役人の数は当然多くなっていく。天下り先の温床となる。それも税金で賄われる。よーく考えてみると「いらないんじゃないか、別の選択肢を考えることもできたかな。」と思うことが多い。
人間も謙虚になって、動物から本当の巣立ち、生きる厳しさを教えてもらったほうがいい。




納得するまでの学習BAU福田塾
http://www.baufukuda.com/index.html

プラス思考でストレス耐性を身につけよう

受験に向けて中学生活もいよいよラストスパート。私立高校の受験も乗り越えてだんだん進路も決まってくる生徒も出てきます。自分の志望校で高校生活をスタートすることいいと思うのですが大切なことは高校生活をいかに過ごすかということ。今の学習量を維持しながら質を高校レベルに上げて自分の適正にあった進路をとれるかが大事な課題になってきます。

高校の方が中学時代よりも学習内容が数段、難解になっているにもかかわらず学習時間が減ってしまうのが事実です。自分の進路を見つけ、それに向かって努力していくことは並大抵の精神力では出来ません。その理由として、進路の幅があまりに多すぎて何に向かっていけばいいのか分からずに時間が冗長に過ぎていってしまうこと。また自分の実力が全体の中でどのくらいなのかが掴みにくいことがあります。親も中学までは成績を気にしていますが高校になると子供任せになって、結局、行きたい進路ではなく行ける進路の選択になってしまうのです。

2010年11月17日 大学生の就職内定率57.6 % 過去最低水準となり来春卒業予定の大学、短大、高等専門学校生の10月1日時点の就職内定率は56 %と昨年同時期に比べ5ポイント低いことが、16日文部科学省、厚生労働省が発表した資料で明らかになった。10人に4人以上は思うように就職が出来ないということです。就職に向けて積極的に動くことも大切ですが自分の個性を見つけ、伸ばしていくことの方がもっと大切です。大学生同士のレベルに留まらず、大人、外国人、いろいろな考えを持つ人と接することで得られる貴重な経験が魅力ある若者を育ててくれます。学生が頭を下げて就活するのが当たり前だと思わないで欲しい。会社は優秀な人材を求めています。会社側から是非うちに来てくれないか?と言われる人間になれるようにすればいいのではないでしょうか。

受験だけでなく何らかの試験や試合が近づいてくると、みな多かれ少なかれストレスを受ける。そのストレスの受け止め方の違いで結果が大きく左右されてくる。「何くそ、今に見てろ!」「失うものは何もない、思いっきりがんばるぞ」「登頂に成功した人も自分と同じ道を辿ってきたんだ。焦らず一歩一歩確実に進もう」とプラス思考で考える人はストレスをバネにして成長するタイプ。マイナス思考の人は失敗した場合に思いを馳せ、まだいらぬ心配に無駄な労力を使い、その杞憂のために成功から遠ざかってしまう。大事な点はマイナス思考にならないということだ。マイナス思考の人はストレスを悪い方へ悪い方へと受け止めてしまいがちな傾向がある。ストレスを拡大して認識してしまい、すぐに心が折れてしまい、乗り越えなければならない課題から逃避してしまう。

これは個人にストレス耐性の差があるからだ。ストレス耐性とは何らかのプレッシャーのもとで問題をやり遂げる心の安定性を意味し、どれだけ忍耐力、持久力、回復力があるかとも言える。身体面では体力検査などで数値としてはかれるが、精神面では数値としては出てこないので捉えにくい。心と体のバランスに加え、ストレスを逃がす弁が必要だ。ストレスと正反対の場所に位置しているものが趣味です。これをしていれば無心になれ、心が解放される状態を生み出し、利害関係のない人たちとの心の交流もストレスを回避し、自分を客観視させてくれる。そしてまたエネルギーを充電して問題に向き合える。

二次的なストレスとしてサンドイッチ症候群がある。受験や試合など結果を求められる場合、誰に結果を求められるかを過剰に意識することによってストレスが生じる。いい結果が出なかったら友達はなんて言うだろう、親はきっと落胆だろうな、ひょっとすると怒られるかもしれない。もしかしたら親も自分の子供のストレス耐性がどの程度なのか分からずに、よかれと思ってサンドイッチストレスを与えてしまっているかもしれない。親も趣味を持って子供からのストレスから解放されることが必要なのです。

ストレス:何らかの刺激(ストレッサー)によって生じる生理的なひずみとこれに対する
非特異的な生態の反応をいう。寒冷、暑熱、薬品、炎症、感染、疲労、不安などさまざまな刺激がストレッサーになり得る。カナダのH セリエ1907~1982はストレッサーに対する生体の反応は脳下垂体前葉-副腎皮質の内分泌系によるとし、警告反応期、抵抗期、疲はい期の3段階に分けた。彼のストレス説によると、ストレスは本来、外界に対する適応の一種だが、刺激に長くさらされると生体は抵抗性を失って逆に病的な現象を生じ、ある種の心臓血管系、腎臓、関節などの疾患を引き起こす。現在は多くの心身症の重要な原因の一つと考えられている。
サンドイッチ症候群:主に中間管理職に起こる鬱病。上司と部下の板挟みなることが精神的なストレスとなって起こることからこう呼ばれる。




納得するまでの学習BAU福田塾
http://www.baufukuda.com/index.html

攻守のバランス

勝負事には必ず攻め時がある。
攻め時があるということは守ることが基本になる。しっかり守れてこそ、思い切って勝負に出ることが出来る。しっかり守れないで勝負するのは無謀だ。昔は、戦い、もしくは戦うための予行訓練として行われていたスポーツも、ある意味で勝負だ。守りの弱いヤツに勝ち目はない。さらに、戦う熱い心と風を読む冷静沈着な心も必要だ。自分の中に諸葛孔明と劉備玄徳の二人の才能が求められる。
冷静になるには普段の生活から気をつけなければならない。ゆっくりした物腰の中から生まれる俊敏な動き。スローテンポからクィックテンポへの変調。字もゆっくり丁寧に書く。歩くのも、自転車に乗るにも、食事をするにも慌てない習慣をつけたい。
 何事においてもバランスが大事で、つまりは相反するものを釣り合うところで見つけて要領よく運んでいく能力が卓越したバランス感覚だと言える。江戸時代に天秤棒を担いで重たいものを難なく運んでいく人夫、重たい俵をひょいと担ぎ上げてしまう商人、今にも沈みそうなくらいの荷を積んだ船の船頭の器用な舵取り、彼らのような生活の中のバランス感覚は名人芸を超えていた。さらに日本には美しい自然がある。四季の移り変わりへの対応は日本人の感性を豊かにし、文化、芸能、建築、料理などあらゆる分野で芸術の域まで高める源泉となった。
 太古の昔から培われてきた日本人のバランス感覚は過去の歴史の中でも脈々と伝えられ、アジアだけでなくヨーロッパ、アメリカ、さまざまな国の文化や伝統、政治経済に至るまで見事な融合を見せ、繁栄をもたらした。いかなる国とも宗教観の違いや、文化風習の違いによっての諍いはなかった。さまざまな日本の危機的状況、壊滅的局面をも日本人のバランス感覚で切り抜けてきた。
  しかし、ここ20年日本人のバランスが崩れてきた。グローバル化の波とともに大量の情報、海外資本が流れ込み、自分の足元も見ずにバブルに踊らされた。ゆとり教育に惑わされた。偽装、粉飾が当たり前のようになって日本人全体のモラルも低下した。いったん崩れたバランスを取り直すのは大変な作業である。それとともに、中国、ロシア、北朝鮮を初めとする近隣諸国の経済力、軍事力の台頭、欧米の経済の疲弊で世界のバランスも大きく変化している。現民主党政権ではその変化の対応に追いつかず右往左往している状態が続いている。

「人間、起きて半畳、寝て一畳」
どんなに贅沢をしてみたところで人ひとりが出来ることは限られている。どんなにおいしいものを食べても食べられる分量はだいたい決まっている。どんなに広い豪邸に住んでも人、ひとり寝るには一畳もあれば十分だということだ。アメリカ社会のように、誰かが極端に利益を上げれば多くのひとが貧困にあえぐことになる。日本には歴史、伝統がある。わび、さび、そして清貧を尊ぶすばらしい精神文化が日本人の根底にはある。
 オペラ歌手は一般人と比べて肺活量が特別に大きくはない。一般人よりゆっくり長く息が吐ける。真実は見かけと違うことが多いからおもしろい。息を吸っているときは力が発揮できない。重たい物を持ち上げるときは「せーの」だとか「いち、に、さん」と息を吐き、みんなで息を合わせる。日本人も今年は息を合わせてバランスを取り、世界の中で息を吹き返したい。
  さあ、いよいよ入試シーズンに入ります。試験日が近づくと誰もが不安になる。その不安に打ち勝ってこそ合格の喜びがある。不安になるのは守りきる自信がないからだ。自分は最低限これだけはできる。冷静になって我を忘れず落ち着いて問題と向き合う。相手がどのくらい手強いか見極めて勝負の駆け引きをする。弱そうだからといって油断は禁物。そこに心の隙を作ってはいけない。思わぬ落とし穴が待っている。
手強い相手からはあまりダメージを受けたくない。ダメージは最小限にとどめ、少なくとも相手の弱点を突きたい。
攻守のバランスを整えて最後まであきらめず粘って勝利を勝ち取ってきて欲しい。




納得するまでの学習BAU福田塾
http://www.baufukuda.com/index.html

脳質改善

  定期試験の二週間ほど前から対策に少しずつ入っていくわけだが、ここから一週間前までがかなり重要で、農業でいう土作りにあたる。この土作りがうまく行けば後は丁寧に育てていくと期待通りの収穫が得られる。しかし、この土作りがうまくできないと、追い込みの一週間で実際の問題に取りかかったとき基本的なミスが多発し、収拾がつかない状態になる。提出物などは解答を見ながら書き込む羽目になり、問題集が赤で染まる。問題に取り組むには正解率が少なくとも85%以上はないと大きな効果は上げられない。ミスをした箇所が15%以下であれば十分な余裕を持って修復が出来る。
それではなぜ土作りの段階で差が生まれてしまうのだろう。最初の講義の聴き方ももちろんかなり重要な役割を担う。しかし、それ以上に個人の意識の差に最大の要因がある。一週間のうちに、これだけはなんとしても100%自分の物にするぞという忍耐力や執念が要求される。いざとなったら、お風呂、トイレ、学校の休み時間や行き帰り、あらゆる時間を駆使して仕上げる努力がなされているのだろうか?

 「子供は褒めて育てる」という育て方が持てはやされたときがある。簡単なフレーズで分かりやすく現代には受け入れやすいのだろうが、これを鵜呑みにしてしまうとあとで大きな落とし穴に嵌ることになる。褒めるのはいいが褒め方が難しい。簡単に褒めては全く逆効果だ。家の仕事でもいい。夏休みの宿題でもいい。本人が気がつかないところをそれとなく指摘し、だんだんと仕上げさせていき、これでもかというくらいまで子供に我慢させる。そして、完成の難しさと達成の喜びを教えなければならない。親がまず我慢する必要がある。

勉強や経験をしたことで頭の中に記憶の島を作ったらその島を移動しなければならない。アクセスが不便な状態で置いておくと当然忘れる。実際の島を動かすのは大変だが頭の中のことだからiパッドの画面を移動するより簡単だろう。
例えば、ライト兄弟は自転車店を営むかたわら飛行機を研究、グライダーによる飛行実験などの後、1903年12月17日ノース・カロライナ州キティ・ホークで12馬力ガソリンエンジンを積んだ複葉機で世界最初の滞空59秒、距離260m動力飛行に成功した。そのことだけを意味なく覚えることは全く無意味で、その事実が歴史の時系列の中でどういう意味を持つのかという位置づけをしなければならない。1904年、日露戦争のときはロシアの連合艦隊を日本海海戦で東郷平八郎が打ち破ったのはまだまだ飛行機が産声を上げたばかりのその1年後。しかし、それから一気に軍艦から戦闘機に戦術が変わっていった。各国がしのぎを削って戦闘機開発に力を注いだ。そしてたった37年後の1941年12月7日日本海軍が戦闘機の威力をハワイのパールハーバーで世界に示すこととなった。ライト兄弟は純粋に空を飛びたいという夢だったかもしれないがそれが戦争という科学の急速な後押しを受けて戦闘機に変わり、今ではステルスや超音波ジェット、民間では大型ジャンボに姿を変えた。
 その次に大事なことは頭脳回路に電流を流すことだ。勉強したことを経験したことをつなげることがもっとも大事で、覚えることに重点を置きすぎると応用の利かない生きた学問にならない。応用が利くとは頭脳の回路がさまざまな方向でつながり情報が飛び交うことだ。どの生徒も一生懸命がんばっているがやり方が個別の問題を解決することに力を集中してそれが交通網が遮断された離れ小島状態になってしまう。勉強したこと経験したことは活躍させるために真ん中に置いてあげないといけない。道路も地下鉄も歩道も空港もヘリポートも用意してあげてどこからでもアクセス出来る状態にしておくことが一番重要だ。否が応でも回路に電流が走る。頭がいいとはまさにこの電流が光通信のように流れることをいう。
 言うのは簡単だが実際にどうすればいいのか。島は目に見えるが島と島をつなぐ回路は目に見えない。だから、若いときこそ目に見えない物を探し求めて実際に旅をしたり、知的探求の作業をするべきだ。それが自分の視野を深遠にし、ビジョンを広げる。道に敷き詰められた落ち葉が秋の終わりと冬の訪れを無造作に告げている。




納得するまでの学習BAU福田塾
http://www.baufukuda.com/index.html
プロフィール

BAU福田塾

Author:BAU福田塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。