スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の若者世界一学ばない子供たち

先日NHKクローズアップ現代で中国の女子工員を特集した。時給40円で一日に12時間働くという。三日続けて休めば解雇される。故郷には仕事がなく,彼女たちの月給は故郷の親の半年分に相当する。工場の外には就職したい中国人女性の就職試験の列ができている。それも中学を卒業したばかりの一五,六歳の子どもたちだ。広東省にある工場まではるか遠くの四川省からほとんどの子が歩いてくるのだそうだ。汽車賃がないのだ。距離にして約二〇〇〇キロ。北海道から沖縄の距離だ。せっかく歩いてきてもその工場で雇ってくれる保障はない。もしだめなら他の会社をあたるしかない。稼いだお金は半分以上を故郷の家に仕送りする。なかには弟や妹の学費も送っているという子もいた。なんという厳しい現実だろう。しかし,その女子工員たちは仕事はぜんぜんつらくないと言う。はやくお金を稼いで自分のやりたいことをするという夢を目を輝かせながら話す。ブティックを開く。社長になる。あれがしたい。こうになりたい。夢が目標となっている。貧しさから抜け出して豊かになることが活力になっている。

日本の学生は大学の費用もまた生活費もほとんど親が払うのが当たり前。そうかといって真剣に勉強してるかと思えば決してそうでないことが多い。豊かになってしまった結果目的を失った。いま日本人,とくに若者に求められているのは経済的な豊かさだけでなく精神的な豊かさだろう。新しい価値観が構築されてこないと迷いが生まれるだろう。しかし,現在はその経済的基盤も危うい状態に陥っている。迷いがさらに複雑化している。いったい何をすればいいのか。

1日25分。昨年発表された経済協力開発機構(OECD)の学習到達度調査で日本の15歳が自分の勉強をする時間だ。調査に参加した32カ国中最低だった。今や日本の子供は世界一勉強しなくなった。学力低下が声高に叫ばれているが学習意欲の低下が大きな原因だろう。

親も学校も地域社会も子供に勉強することをあまり強制しなくなった。子供の自主性を重視して「ゆとり教育」を推し進めた結果だ。最初から勉強が好きな子供はいないだろう。勉強よりもゲームやマンガ,いまは携帯電話もいい時間つぶしになる。メールで数時間やりとりする子供もざらだ。

子供の自主性のなかには逃げることも含まれてしまった。不登校やひきこもりはネガティブな自主性の表現なのだろう。

学習意欲は親,学校,地域社会が一体となってあげていくべきだ。習いごとはつらいことが多い。やらなければならないことがたくさんあって中にはつまらないことも自分には向いてないと思うこともあるだろう。しかし,それに挑戦してある程度全力でやってみる。その中であまり苦にならず取り組めるものが出てくる。もしかしたらそれをすることが楽しいと感じるかもしれない。そうやって進路が決まっていくのではないだろうか。何もやっても見ないうちに何になりたいだとか何がしたいとかを問うのは本末転倒だ。食わず嫌いをなくしてまず食ってみる。またつらいこともある程度経験しておくことで人生のシミレーションが行われる。

子供になぜ勉強しなければならないかを丁寧に説明し納得させることが必要になってきた。いい高校,いい大学,いい就職,そして高収入という短絡的な説明では子供は納得しなくなってきた。大人も真剣に勉強の意味を考えて自らも前向きな姿勢を持たないと子供は納得しない。大人の縮小版が子供だからだ。子供に目標とされるような大人が必要とされている。

バウでは発想力,論理的思考を養うためにいろいろな数学の問題に取り組んで行くことにします。みなさん,がんばって下さい。


納得するまでの学習BAU福田塾
http://www.baufukuda.com/index.html
スポンサーサイト

学習指導要領迷走

新学習指導要領はゆとり教育を打ち出し、学習内容を大幅に削減したが、学力低下につながるとして批判が実施前に強まり指導要領は最低基準と解釈を変更、施策を学力向上重視に転換した。しかし、この方針は教科書検定に間に合わず、今春から使用されている小中学校の教科書では指導要領を超えた記載がすべて削られている。
そのため学校現場では教える量が少なくなり内容も浅いために授業のペースが驚くほど遅い。確かに学習における生徒たちの負担はかなり減ったが学力も確実に低下している。鉄は熱いうちに打て!
今までの教育システムがベストであるとは言えないが今回の教育改革は改悪になった。もっと世界を見つめ熟慮に熟慮を重ねた改正であるべきだった。日本の教育が世界をリードしていける下地はある。しかし、機を逃すとそれも危うくなってくる。
英語教育も開国当時の翻訳主義がいまだに主流であるし、そのため文法文法と生徒を責め立てる。それが英語を話せなくしていることにはやく気付いてもらいたい。外国の英語の先生も以前に比べるとずっと増えた。しかしその中味がなかなか伴わない。40人のクラスに呼ばれていった外国人教師はいったい何が出来るのだろう。
いまよく出題されている発音問題などナンセンスだ。mother と young の発音が同じなら○違うなら×という具合だ。何もおもしろくない。BAUでは詩を使って発音問題を自然にかつイマジネーションを使ってとけるようにしている。
I'm a shoulder You can
cry on
Your best friend
I'm the one You must
rely on...
Now I see you've broken a feather
I hope We can patch it up together...
この中でcry on やfeather などの語句を考えさせて答えさせる。そこには詩情もあり、さらに英語がおもしろくなる。英語が自分の言葉となり表現能力が高まる。

今新聞、テレビなどで大きく報道されている北朝鮮問題やイラク問題。高校生でもそのほとんどがキムジョンイルを知らなかったりイラクがどこにあるのか、そこの大統領の名前も知らない。小中校生にいたっては問題外だ。モーンニング娘の名前が言えてサダムーフセインが言えないのは困るのではないか。そのような国民が大量に輩出されれば国防のことも政治のこともいっさい分かりませんということにつながる。いわれたままの税金を払い続けることになり、最悪の場合戦争に駆り出されかねない。
教育とはそれほど恐ろしいものだ。一歩間違えば国を滅ぼす。北朝鮮の子どもたちもキムジョンイルが彼らたちの英雄で絶対的な存在だと教えられ洗脳される。三つ子の魂百まで!歴史教育は近代史ー日本との外交史ーから進めるべきだ。
世界には平和とか友好という言葉は存在するがその実態ははたしてあるのだろうか?その実態はパワーオブバランスであったりお互いの利益が一致した場合なのだろう。お互いのメリットがあることを友好という。
現実の厳しさを見つめ直すべきだ。日本の置かれている現実の厳しさを教えるべきだ。日本にはそのまま売って金になるものが何もない。何かを加工して売らなければならない。それも世界で一番いいものをだ。それを今までの日本はやってのけた。家電のソニー、パナソニック、日立、東芝、シャープ。車のホンダ、トヨタ、日産、マツダ、スバルなど。バイクのホンダ、KAWASAKI、スズキ、ヤマハ。カメラのキャノン、ニコン、ミノルタなど。時計のSEIKO、シチズン、Gショックのカシオ。楽器のヤマハ、カワイ。どの企業も世界と日夜厳しい闘いを強いられている。そんな国に「ゆとり」があるのだろうか。「ゆとり」とは時間を有意義に過ごすことだ。現代の世の中では移動するにも何かを得るにもそれなりの費用がかかる。資本主義だから金がなければ経験も容易には得られない。さらに教養がなければその経験も生きてこない。人生を楽しく有意義に過ごすためにもある程度のお金と教養は邪魔にならない。


納得するまでの学習BAU福田塾
http://www.baufukuda.com/index.html

ファントム・オブ・メナス ~驚異の怪人~

アメリカ合衆国は世界にとっていったいどういう意味をなすのだろう。世界のリーダーなのだろうか。
どういう点でアメリカはリーダーシップをとるつもりなのか?経済,政治,軍事,文化さまざまな面でたしかにアメリカは脅威であり世界を席巻している。アメリカ自体はリーダーシップを発揮していると思っているのだろうが実は脅威なのだ。脅威すなわち脅迫に近いものがある。大国のエゴで小国を従え小さな満足を保障してくれる。これであなた方は幸せなんですと洗脳してくる。
地球温暖化におけるCo2削減にしてもアメリカは頑として世界に同調しない。パウエル国務長官が国連で演説したときにまわり中からブーイングがとんだ。アメリカが悪の枢軸国と名指しで呼んでいるイラクや北朝鮮は確かに核兵器,化学兵器を秘密裡に製造,保有しているかもしれない。しかし,当のアメリカは一番そういったものを保有しているのではないか。自分が持つのはよくて他人が持つのはぜったい許さない。世界のルールを決めるのはアメリカだ。そういうふうに見られてもしかたない面がある。
そういう憎悪に満ちた感情を持った国々がイスラム諸国である。毎日のように報道されている自爆テロももとを辿ればアメリカが種をまいた。中国や北朝鮮も決して謝らない国だとして知られているがアメリカもそれ以上にそういう体質がある。朝鮮戦争,ベトナム戦争,湾岸戦争,アフガニスタンへの執拗な爆撃。何かの大儀をみつくろっておこなっているが案外アメリカが出てくることが迷惑だったりするし,アメリカがまいた種だったりもする。ベトナムに大量の枯れ葉剤をまいて何がしたいんだろう。アフガンにあんなに大量の爆弾を投下したり,沖縄に鉄の雨と言われるほどの砲撃を加える意味って何だろう。本当に広島,長崎に原子爆弾を投下しなければならなかったのか。爆弾の投下されるところにはふつうの生活を営んでいる庶民がいる。
もしかすると日本の人もベトナムの人もイランやイラクの人も韓国朝鮮の人もアフガンの人も心の底ではアメリカに抗議したいのかもしれない。
ブッシュ政権はイラクに対していかなる武力行使も辞さないと躍起だっている。それに同調しているのはイギリスだ。かつて多くの国を植民地にして現地の人を奴隷のように扱った国だ。インドもエジプトも悲惨な目にあった。しかし,アメリカ,イギリスが謝罪したことはない。
日本は戦争を起こして多くの悪いことをしたと教科書にまで書かされ,国民に悪いのは日本だとこれでもかと認識させられている。でもよくよく考えてみるとアジアは西洋諸国にとって格好の植民地候補だった。第2のアフリカだったのだ。その植民地政策も順調に進んでいたが一番東の国日本が手強かった。日本だけが西洋諸国に対等の立場を保てた。おんぼろ船ながらも日露戦争後白瀬隊は南極大陸を踏破した。もし日本がなかったらアジアはいとも簡単に第2のアフリカとなっていた。アジア人も白人のために働く奴隷となっていた。現在の世界地図はすっかり違ったものになっていただろう。
アメリカの悲劇はそのことを国民が分かってないことだ。愛国心の名の下にアメリカの真の姿がぼやけている。貿易センタービルが攻撃されれば確かに興奮して激怒する。でもその原因を考えようとしない。やられたらやり返すだけ。右のほおを殴られたら両方のほおを殴り返すのである。やはり脅威である。

日本人にもっと国際感覚を磨いてそれに対する感覚を鋭くすることが必要だ。数年前は日本as No1と言われ世界の中でも一流と見なされいつの間にかその事が当たり前になってしまった。驕ってしまった。
日本が調子に乗って踊らされている間に他国は密かにまた大胆に躍進してきていた。つまり日本の存在は相対的に急落した。それがバブルであり現在の社会の混乱,経済の低迷,教育の狼狽であろう。世界に敏感であったはずの日本がいつの間にか井の中の蛙になってしまったことが悲劇の始まりであった。
国内だけを見つめていては国際競争力はますます低下する。教育水準が下がり所得が減り安全まで保障されなくなる。さらに国外からの農産物の輸入に頼り地価の崩壊がおこる。そして利権を守る一部の官僚に政治が牛耳られ貧富の差が生まれる。暴動,内乱が起きて国家が滅亡する。ローマ帝国の崩壊の方程式が思い出される。
日本は金になる資源は何もないことを前提に政治,経済,教育を考えなくてはならない。日本を支えているのは勤勉さと頭脳だろう。その唯一の外国に対抗できる武器がなくなった。日本には怠慢と無能さが蔓延しつつある。
今こそ世界を見つめる目が絶対必要なのだ。現実を見つめる厳しい目が必要なのだ。


納得するまでの学習BAU福田塾
http://www.baufukuda.com/index.html

キレる子供キレる大人

先日新聞に子供の国語力崩壊寸前?の記事が掲載されていた。その内容の概要は次のようです。
図書館で本を借りたことがない、宿題や授業でしか本は読まない、という子供がそれぞれ2割前後いて中学、高校教師の8割は子供の国語力は低下していると感じている。読書離れの傾向は学年が上がるに連れて深刻になっており教師の多くは大人や教師が本を読まなくなったことを原因に挙げた。同時に行った漢字の書き取り調査では小学4年で習う「積む」を書けない高校生が5割近くに上った。
不登校の生徒も昨年度1年間で小中学生が14万人近くいるそうだ。その原因は小学生では「極度の不安」「無気力」など本人に関わる問題が約30%、親子関係が17%、いじめなど友人関係は11%。それに対し中学生は本人の問題は約30%で、友人関係22%、学業不振10%と学校生活に関する問題が引き金になることが多い。
これは中学生になると部活動によって先輩、後輩、同級生など人間関係が複雑になりそれに対応できず不登校の一因になるだろう。部活動によっては朝練週、また放課後の練習も7時を過ぎることもかなりある。
生徒の生活の中ではかなりの部分を占めることになる。みんなと同じような行動をとらないとしかと(無視)されたりあからさまにいじめられる(非難される)こともあるだろう。
学業では小学校と違い定期テストの点数が各自に順位とともに手渡され相当のプレッシャーがかかってくる。小学校でのんきにしていた生徒は授業も分からなくなり点数も悪くなり不登校の大きな原因となる。
家にいてもゲームをしたりテレビを見たりしていればそれなりに時間はつぶせる。その上親がそのことに理解を示してくれれば願ったりかなったりである。しかし、それは自分にとって(親にも子供にも)大きなつけとなる。まさしく不良債権の先送りである。その時はよくても問題は解決していない。あとになればなるほど問題は手に負えなくなる。引きこもりの温床だ。その次に考えられるのはキレる大人の予備軍だ。
イギリスではそのような生徒のためにフリースクールが充実しているそうだ。日本でも学校があることはあるがあまりうまくは機能してないようだ。不登校の生徒の数が物語っている。
生徒には自分を認めてくれる居場所が絶対必要だ。自分を認めてくれるということは口で言うのは簡単だが実はとても難しい。自分が活躍できるステージが必要です。スポーツでもいい、勉強でもいい。
ひょうきんな性格でクラスの人気者でもいい。クラス一の読書家でもいい。自分が自分であるというアイデンティティー(自己証明)が必要なのだ。
いまの生徒は国語力が低下している。すなわち表現力が不足しているのだ。自分をうまく表現できず他人に分かってもらえない。イライラする。ムカついて我慢がきかずキレてしまう。
大人も教師も本を読まなくなった事も気にかかる。本を読まないことを子供だけのせいにしてはいけない。こういうおもしろい本があるよ。「先生(お父さん、お母さん)は小さい頃読んで感動したな!」と言えば子供は興味を持って本を手にするかもしれない。
本を読まなくなったことは表現力がつかないだけではない。ストーリーを読み進んでいく力や先を読む予測力を養う場も失ってしまう。最近では凶悪犯罪が日常茶飯事になって毎日のように報じられている。道徳観念(モラル)の低下もさることながら基本的な予測力が欠如しているから凶悪犯罪にブレーキがかからないのだ。子供にとって怖い存在が不在となった今、こうしたらこうなるということを言って聞かせることが必要だろう。小さいときの躾(よく言って聞かせること)がのちのち効いてくる。
以前はお父さんが怖い存在だったり、近所のおじさんだったり、先生だったり、お巡りさんだったりしたものだ。悪いことをすると押入にいれられて怖い思いをした経験は昔は誰でもしている。悪いことをするとどうなるか体験を通じて教え込まれた。
教師の資質も問題がある。教師が生徒の個性を見抜きそこを上手に演出してあげる。今まで目立たなかった生徒が突然輝き出す。これが教師の大きな仕事なんです。クラス運営はそれでいい。管理することではない。みんなが個性を出せておもしろい、いいクラスができる。


納得するまでの学習BAU福田塾
http://www.baufukuda.com/index.html

教育改革は進んでいるか 教育における規制緩和

教師を育てていくということは校長や教育委員会でもないし文科省でもありません。それは教師と一番身近に接することの出来る生徒とご父兄です。教師もいつも完全というわけにもいかず、ときには間違った指導方法をとってしまうこともあります。しかしそのことについて反省する態度が備わっていればよいのですが、すべての教師がそうだとは言えません。自分の判断である程度かなりの部分自由がきいてしまうのです。そこに盲点があります。何のための教育なのか指導なのか本当の意味がぼやけてくることがあります。生徒をよい方向に変えていく、伸ばしていくことが前提であるはずの教育がややもすると逆に悪い方向に変えてしまったりすることもあります。
生徒を伸ばしていくためにはさまざまなアプローチ(接近)の仕方やメソッド(方法論)があります。
大切なことはその指導方法に対して生徒も父兄も納得して同意しているかです。授業の進め方にしても評価の仕方、クラス運営。部活動運営。そういったものに対して学校側(校長)の姿勢が徹底しているのかです。
少しでも疑問点や納得がいかないときは遠慮なく学校に問い合わせてみることです。そのことで生徒の印象や評価が悪くなることはありません。かえって学校に無関心すぎると生徒に不利に作用することがあります。

実際に父兄がおとなしい学校に多少問題のある教師が回されているという話もあります。
実際どんなに小学校、中学校、高校が変わろうとしても大学の受験のシステムが変わらない限りただの看板のすり替えにすぎません。結局は大学入試で点を取るために同じ出口に向かっていくのです。
よく生徒のやる気がないなどと言われますが実は教える側にも十分問題があります。時代に即さないことを何十年も話し続けている教師も大勢いるのです。
県内でも優秀と認められている県立高校で英語のノートの取り方まで強制され、それに従わないと減点という非常に稚拙な指導が行われています。(それも英文を書き写しそれに全文和訳をするというもの)こういうやり方もあるというアドバイスならともかく減点という卑劣な手段を使ってそれを押しつけることはどういうことなのでしょうか。学習には個人のやり方があって当然のはずです。しかもその個人のやり方で十分満足のいく成果が出ているのならなおさらでしょう。生徒の足を引っ張ることにしかなりません。英語を話すためには英語で考える習慣が必要なのです。そのためにはなるべく頭の中から日本語を追い出さなくてはならないのです。
小学校でも総合学習の時間にメダカの研究がしたいと言えばそれは理科でやることになってるからダメだ。それは社会で後でやるからやめたほうがいい。結局規制緩和をうたいながら規制強化になっていることもあります。

時間の使い方
~プランを立てる能力 ・実行する実直さ~

夏休みが始まってすでに一週間が経ちます。毎日が計画通りに進んでいるでしょうか?計画は立てたもののやっぱり無理だったということにならないようにするにはどうしたらよいでしょう。まずは一日にリズムをつけるために何か決めたことをするといいと思います。新聞を読むことでもよいし、スポーツをするのもよいでしょう。一人ですることが難しければ友達とあるいは親と約束してとりかかるのもいいと思います。ある程度時間の制約があって初めて時間の使い方に工夫が凝らされてきます。
そして最初に立てたプランを実行するのが困難であれば思い切って計画を変えてみて下さい。大切なことはプライオリティー(優先順位)なのです。いまの自分にとって何が一番大切なのかを考えプランニングしていきます。受験生であればやはり学習時間を多くとりたいでしょうし、何かの大会があればそれに向けて十分練習したいでしょう。その次に自分の好きなことを入れてよいと思います。緊張とリラックスをうまくとり混ぜて計画を立てることがよい結果を生むと思います。


納得するまでの学習BAU福田塾
http://www.baufukuda.com/index.html
プロフィール

BAU福田塾

Author:BAU福田塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。