スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスメディア(テレビ)の見方

かつてなかったような陰惨な事件やテレビ番組の低俗化を目の当たりにして日本がどこか方向性を失った感がする。多くの若者たちが芸能人や芸人、スポーツ選手にあこがれ地味な努力を嫌うようになってしまった。成功している多くのそういった人たちは相当な地味な努力をしてきたことを不幸にして若者たちは知り得ない。

多くの人を思考停止状態に導いてきたのはマスメディア、特にテレビでスポーツ評論家やファッションに詳しい人、芸能界に詳しい人、さらにはお笑いタレントにコメンテーターを務めさせ、まるでそのことの専門家のように、専門家でないから軽口が言えるのだろうが「ズバッと」とか「スッキリ」とか簡単に結論を決めつけてしまう。手短で、簡単、そして分かりやすいこと、面白けれもっといい。だから機転の利く小説家や漫画家、タレント、お笑い芸人がコメンテーターとして引っ張り出される。長くて、専門的でつまらなければ視聴者はチャンネルを変えてしまう。そうするとスポンサーが逃げてしまう。テレビ局は数字がほしいから、簡単に見て分かりやすい、麻生vs小沢という対決もの、芸能ネタ、スポーツ、おいしい店、大食いネタ、バラエティーが多く盛り込まれる。

さらに気になるのは街の声といって特定の人のコメントを簡単に公共の電波に流してしまう。そう思わない人もいるはずなのにテレビを見た多くの人は「街の声」に少なからず影響されてしまうだろう。大衆が簡単に感覚的な判断をするようになりテレビの感染によって扇動され日本全体がポピュリズムから大衆のファシズムに移行している感が強い。

小泉元首相のすごいところは日本人の二分割思考法の傾向とワンフレーズを巧みに使いマスメディア自体を彼が操作したことだ。「白か黒か今ここではっきり決めなくてはならない」「構造改革なくして発展なし」「痛みに耐える」新聞の見出しになる標語を並べ国民の圧倒的な支持を得た。民営化に反対する人たちを敵に見立て対立の構図を分かりやすくして国民をワイドショーをみる感覚で選挙に足を運ばせた。それに比べると彼に続いた阿部首相、福田首相は小泉首相の言ったことを実践に移さねばならず四苦八苦した。言った本人はこれも嗅覚が利いて小泉チルドレンを置き去りに政界を早々と引退してしまった。実に見事な離れ業だ。これで誰も彼のことを後から非難できない。

後に続いた阿部氏が首相に就任したての頃はマスメディアはまるで彼が芸能人のようにもてはやした。しかし、大臣の人選ミスそして野党との駆け引き、小泉元首相の残務整理が少しでもブレーキになると今度は一斉に猛攻撃に一転する。福田元首相は回りくどい言い方をいするものだからはっきりしないとかズバッとしたものの言い方ができないと言われ、もともと首相の器ではなかったとこき下ろされ何もしてないと判断されてしまう。

今度首相になった麻生首相は多少アキバの人たちやマンガを武器にマスメディアを操作しようとしているが小泉氏ほど上手ではないから結果が気になるところだ。マスメディアは視聴率につながる標的を定めると徹底的に追いつめる。政界では鈴木宗男、田中真紀子氏、企業では数え上げればきりがないが三菱自動車、雪印、不二家、吉兆、中国餃子、事故米、エスカレーターや回転式ドア、エレベーターの事故、公園の遊具での事故、学生が不幸にして自殺すれば学校の責任、とにかく大臣、社長、専務、校長みなが一方的に謝罪、謝罪の毎日である。
マスメディアは世の中の諸悪の根源、それは多くの場合正義の名の下の弱いものいじめであったり視聴率のための標的だが、それを見つけ出し徹底的にたたく。それらを毎日映像で何度も見せられればそれが当たり前になって視聴者はブレーンウォッシュ(洗脳)されてしまう。マスメディアによる脳の退化現象から子供たちを守らないといけない。そのためには大人が「テレビの言ってることはホントかな?」いつも冷静で批判的に見なければならない。
ものごとはいろいろな角度から光を当てれば違った姿が見えてくる。現在はさまざまな大量の情報がある中で思考が鈍化し世の中のできごとを一方的に白か黒か決めつけて、黒を徹底的に攻めようとする。こうした二分割的発想はとても幼稚で危険な現象だ。日本が全体的に浮かれ過ぎで視野が狭くなり発想も短期的で今さえよければいいというダダイスム傾向に向かっている。ばれなければ何でもあり。儲かればいい。視聴率が上がればいい。だから偽装、詐欺、粉飾、やらせに関することばりが昨今のニュースを飾り立てている。



納得するまでの学習BAU福田塾
http://www.baufukuda.com/index.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BAU福田塾

Author:BAU福田塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。