スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余暇の過ごし方

学校での勉強、家での宿題、睡眠時間、食事をする時間、お風呂に入る時間など絶対に必要なもののほかに、なんでも自由になる時間がある。1日24時間からこれらの時間を引いてみると意外と多いことに気づくはずだ。さらに週末の土、日まで計算に入れるとまだまだ自由になりそうな時間はある。その自由な時間をどのように使っているか、自分で再考して欲しい。

もちろん、ストレス発散や気分転換のためになんでも好きなことをするのが精神的にもいいと思う。しかし、何でも好きなことをする中において自分を成長させることや特技を身につけることに少し方向を変えられないだろうか。ゴルフの石川遼選手や野球の松井秀樹選手たちのように、天才だとか一流だと言われる選手は、そのスポーツだけでなくにそれに関連することを3才前後から始めているという。つまり、一つの頂点を目指すためにすべての自由な時間を使っているのだ。

有意義な余暇の過ごし方にビデオ鑑賞がある。一週間のうちでこれはおもしろいと思う番組をチェックしてそれを録画しておく。科学的なもの、歴史、地理(世界遺産)、生物(動物の番組)、語学(英語に限らなくてもいい)料理番組、クイズ番組でもいいと思う。いちいちノートやペンなどいらない。いるのはコーヒーや紅茶、それにケーキやお茶菓子でいい。自分の心と身体を休めるくらいの気持ちで見ればいい。眠くなったらうとうとしてもいい。無理に覚えなくてもいい。おもしろいなと思ったらメモを取るくらいで後からそれについて調べてもいい。それが2,3時間の楽しみの時間になればいい。あまり堅苦しく難しいことばかりだと絶対に長くは続かない。しかし、それらの中に自分の心に響く言葉や映像が必ず見つかるからおもしろい。

もう一つに瞑想がある。絶対に覚えなければならないことをノートとペンを使わずに頭の中で整理し記憶していく手法である。これは余暇と言うより学習のクールダウンと言うべきだろう。英語でも数学でもなんでもいい。自分がついさっき学習した内容を思い浮かべてみる。それがどこまで修復可能なのか頭の中でイメージをする。おそらく初めのうちはあまり修復できないことに落胆するだろう。しかし、その落胆から学習しているオンタイムの時間が変わってくる。思い出せるような工夫をするようになってくる。「これはきっと忘れる」、または「思い出せないな」という予測ができてくる。そうすると何とか思い出せるように予防策を事前に立てられるようになる。

習い事でもいい。趣味として絵画、スポーツ、楽器演奏、映画鑑賞など自分のスキルを向上させることであれば何でもいい。大切なのはテレビや習い事でも受け身にならないことである。ややもすると、それらは時間とともにどんどん過ぎ去っていくし、気がついてみると何も残っていない。積極的な態度で臨んでこそ、何かが残る。積極的な態度は人に頼らず自分ですることだ。お母さんにビデオを撮っておいてもらったり、料理を作ってもらってばかりでは何も覚えられないのと同じだ。

図書館で気に入った本を借りてくるのもいい。できるだけ、いろいろな種類の本を借りてきて手に取りやすい場所に積んでおく。小説ばかりが読書だと思われがちだが、そんなことはない。ある国に興味があればその国のガイドブックでもいい。マンガの描き方でもいい。図書館にはさまざまな分野の本やビデオ、DVD、CDなどがある。それが無料で借りられるのだからこんなありがたいことはない。借りてきた本をすべて隅から隅まで読むこともない。積んでおけばいい。それを冗談だか分からないが「積ん読」と言うのを小さい頃に聞いたことがある。

「積ん読」方式の余暇の過ごし方が教養を深め、人間の幅を広げてくれる。



納得するまでの学習BAU福田塾
http://www.baufukuda.com/index.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

BAU福田塾

Author:BAU福田塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。