スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタル化への警鐘~辞書が引けない高校生

最近、高校生に英語を教えていて驚いた事がある。なんと英和辞書が引けないのだ。普段から電子辞書に慣れ親しんでいるため、普通の英和辞書は高校入学時に購入したままほとんど手つかずの状態で保管されていたらしい。さらに悪いことに、学校で推薦されていた英和辞書が彼らのレベルに合っていなくまったくの的はずれの代物だったことである。推薦されていた物は、高校三年になってかなり英語の専門の道に行こうかなと思う学生には適当だといえる。それは、2冊目、3冊目に段階を経て購入すべき物だった。辞書は使いこなして初めて、その真価が理解できるし、価値が出てくる。

試みに高校生にある単語を引かせてみたところ、これが驚くほど時間がかかり、挙げ句の果てに、ありませんという答えまで返ってくる始末。「もっと後ろの方じゃない?」と声をかけてみると、やっとページをぺらぺらとめくり始める。さらに聞いてみるとアルファベットの順番がよく分からないという。「ABCの歌を歌わないと分かりません」などと冗談のような声まで聞こえてくる。

電子辞書には大量の情報が軽量でコンパクトに納められている。さらに、瞬間的に欲しい情報を提供してくれる。学生たちはまるで電子辞書を第二の携帯電話のように上手に使いこなしている。それはそれでいいのだろうが、一般人と学生の違いは何かと考えるとそこに違和感を感じざるをえない。一般人はその瞬間により速く、より正確な情報を求めるが、学生は彼らの記憶にインプットしていかなければならない。手間をかけて初めて自分のものになるかもしれないのだから、電子辞書を使っている限りその単語は彼らのものになるのは難しいだろう。

英和辞書が上手に引けないというのは頭の中がデジタル化されすぎてしまった結果、人間の頭脳にうまく適応していないという一つの現象なのだ。計算をするにしても、頭の中にそろばんが思い浮かべばだいたいの目安なりがついて、人間の脳も適応できる。車のスピードメーターにしてもデジタル表示だといったい何キロ出ているか実感しづらい。アナログ表示だと数字の連続だけでなくイメージの連続になるので分かりやすい。財布から現金を取り出して一回一回支払うのは手間がかかるし、財布も小銭が増えて重くなって運びづらい。カード払いなら軽く、いちいち現金のやりとりもしなくて済むし、ポイントだってつく。いいところばかりあるようなイメージだがついついお金を使いすぎてしまわないだろうか。

車にもコンピュータが搭載され、さまざまな機能が付随して付加価値をつけている。カーナビもあるととても便利だがそれに使い慣れるとカーナビのない車には不便で乗れなくなってくる。つまり、人間の脳をコンピュータに委任した格好だ。最近ではすべて電動でする方が人間の手でするよりもよい、という先入観で社会が動いている感がある。高級車では、運転座席の位置まで何人か分まで記憶するというモノまであるが手動で動かした方が正確に移動できると思うのだがどうだろう。

東大生ノートというのが今、売れていると言う。罫線にドットを入れたモノなのだが図形や図表、ノートの仕分けに便利だという。つまり、手作りできれいに仕上げることが大切だということだ。もちろん、ぱっと見てきれいだから、文字もきれいに丁寧に書くし、大きさも、色分けも工夫できる。教師に与えられたすでにまとまったプリントを利用するだけでは頭に入ってこないということかもしれない。考えてみれば、印刷機のない時代、本は借りてそれを手で写本するのが普通だった。その方が、かなり手間はかかるが、書き写しながら印象深い分は心に深く刻まれていったんだろう。手間のかかることは現代の人にとっては面倒くさいの一言ですまされてしまうだろうが、手間のかかることで得られるものを多く失っていることも確かだ。

速くて、正確で、便利な方がいいという先入観的イメージは本当に人間の脳に適しているのかもう一度検討してみる価値があるだろう。科学がどんなに進んでも、人間の脳には何か温もりを感じるもの、どこか郷愁的なもの(ノスタルジー)を求める部分を求めるところがあるのではないだろうか。



納得するまでの学習BAU福田塾
http://www.baufukuda.com/index.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BAU福田塾

Author:BAU福田塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。