スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳質改善

  定期試験の二週間ほど前から対策に少しずつ入っていくわけだが、ここから一週間前までがかなり重要で、農業でいう土作りにあたる。この土作りがうまく行けば後は丁寧に育てていくと期待通りの収穫が得られる。しかし、この土作りがうまくできないと、追い込みの一週間で実際の問題に取りかかったとき基本的なミスが多発し、収拾がつかない状態になる。提出物などは解答を見ながら書き込む羽目になり、問題集が赤で染まる。問題に取り組むには正解率が少なくとも85%以上はないと大きな効果は上げられない。ミスをした箇所が15%以下であれば十分な余裕を持って修復が出来る。
それではなぜ土作りの段階で差が生まれてしまうのだろう。最初の講義の聴き方ももちろんかなり重要な役割を担う。しかし、それ以上に個人の意識の差に最大の要因がある。一週間のうちに、これだけはなんとしても100%自分の物にするぞという忍耐力や執念が要求される。いざとなったら、お風呂、トイレ、学校の休み時間や行き帰り、あらゆる時間を駆使して仕上げる努力がなされているのだろうか?

 「子供は褒めて育てる」という育て方が持てはやされたときがある。簡単なフレーズで分かりやすく現代には受け入れやすいのだろうが、これを鵜呑みにしてしまうとあとで大きな落とし穴に嵌ることになる。褒めるのはいいが褒め方が難しい。簡単に褒めては全く逆効果だ。家の仕事でもいい。夏休みの宿題でもいい。本人が気がつかないところをそれとなく指摘し、だんだんと仕上げさせていき、これでもかというくらいまで子供に我慢させる。そして、完成の難しさと達成の喜びを教えなければならない。親がまず我慢する必要がある。

勉強や経験をしたことで頭の中に記憶の島を作ったらその島を移動しなければならない。アクセスが不便な状態で置いておくと当然忘れる。実際の島を動かすのは大変だが頭の中のことだからiパッドの画面を移動するより簡単だろう。
例えば、ライト兄弟は自転車店を営むかたわら飛行機を研究、グライダーによる飛行実験などの後、1903年12月17日ノース・カロライナ州キティ・ホークで12馬力ガソリンエンジンを積んだ複葉機で世界最初の滞空59秒、距離260m動力飛行に成功した。そのことだけを意味なく覚えることは全く無意味で、その事実が歴史の時系列の中でどういう意味を持つのかという位置づけをしなければならない。1904年、日露戦争のときはロシアの連合艦隊を日本海海戦で東郷平八郎が打ち破ったのはまだまだ飛行機が産声を上げたばかりのその1年後。しかし、それから一気に軍艦から戦闘機に戦術が変わっていった。各国がしのぎを削って戦闘機開発に力を注いだ。そしてたった37年後の1941年12月7日日本海軍が戦闘機の威力をハワイのパールハーバーで世界に示すこととなった。ライト兄弟は純粋に空を飛びたいという夢だったかもしれないがそれが戦争という科学の急速な後押しを受けて戦闘機に変わり、今ではステルスや超音波ジェット、民間では大型ジャンボに姿を変えた。
 その次に大事なことは頭脳回路に電流を流すことだ。勉強したことを経験したことをつなげることがもっとも大事で、覚えることに重点を置きすぎると応用の利かない生きた学問にならない。応用が利くとは頭脳の回路がさまざまな方向でつながり情報が飛び交うことだ。どの生徒も一生懸命がんばっているがやり方が個別の問題を解決することに力を集中してそれが交通網が遮断された離れ小島状態になってしまう。勉強したこと経験したことは活躍させるために真ん中に置いてあげないといけない。道路も地下鉄も歩道も空港もヘリポートも用意してあげてどこからでもアクセス出来る状態にしておくことが一番重要だ。否が応でも回路に電流が走る。頭がいいとはまさにこの電流が光通信のように流れることをいう。
 言うのは簡単だが実際にどうすればいいのか。島は目に見えるが島と島をつなぐ回路は目に見えない。だから、若いときこそ目に見えない物を探し求めて実際に旅をしたり、知的探求の作業をするべきだ。それが自分の視野を深遠にし、ビジョンを広げる。道に敷き詰められた落ち葉が秋の終わりと冬の訪れを無造作に告げている。




納得するまでの学習BAU福田塾
http://www.baufukuda.com/index.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BAU福田塾

Author:BAU福田塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。