スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイペース・イリュージョン

マイペース
新学期が始まって早くも1ヶ月がたとうとしています。それぞれの学校生活に少しずつ慣れ自分のペースがつかめてきたと思います。部活動にも熱が入って一生懸命することも大切なことです。しかし,自分の体調を自分で整え風邪などの疾病に注意することも同様に大切です。自分の思い描く進路をめざし自分のペースをきちんと見きわめて下さい。
心技体。心とはなにかをする意欲,技とはスポーツでは技術,学習面ではひとつひとつの単元を完全にマスターすることでしょう。体は身体を鍛え体力をつけ体調を整えることです。それらはどれも密接につながっているのです。
心技体のバランスを考えてこの一年を充実したものにしましょう。

イリュージョン
ペイオフが解禁となり金融界も離合集散を繰り返し、さまざまな変化を遂げた。中でも最大手のみずほ銀行は口座振り替えのトラブルが数百万件を超えた。大きいから安心だという考えは迷信となった。金融庁の指図で不良債権の基準がかなり厳しくなり地元の中小企業、零細企業との結びつきの強い信用金庫、信用組合は窮地に立たされているという。信金、信組の人はバイクを走らせ一軒一軒をまわりしっかり地元の人とむすびついている。地元企業の経営者もかなり頼りにしているそうだ。そういった信金、信組がバタバタと経営破綻している。一人一人を大切にするものがつぶされ、大きくて責任の所在がはっきりしないものが平然としている現実がある。いったい大手銀行にはいくらの税金が投入されたのだろう。

厚生省のエイズ問題、農水省の狂牛病問題。外務省の機密費問題。表面化したものだけでもとんでもないものばかりだが結局原因をつくった官庁はほとんどお構いなし。一番しわ寄せをくって苦しい思いをしているのは一般庶民だ。
医療ミスが起きるのもほとんど大学病院などの大病院だ。去年も高崎市の女子小学生が医療ミスのため亡くなった。自分の受け持つ患者がどこが悪くてどうやって治療するか、手術するならなおのこと何度も何度も打ち合わせをしたりシミュレーションしたりするのが普通ではないのか。まるで流れてくる品物のように患者を扱っているとしか思えない。確かに大きい病院にはたくさんの優秀な医者や看護婦もいるだろう。しかし、患者と向き合う担当医は一人だ。そこに盲点がある。責任の所在が曖昧にされてしまう。治れば儲けもの、だめならあきらめるしかない。寿命で済まされる。

本当においしいものを食べたいときはチェーン店に足を運ぶだろうか。どの店でもほとんど同じ味。システムが整っているから手早くいろいろなものができてくるのだろう。確かに値段も手頃で早くて便利かもしれない。しかしそれでは料理人の心が伝わってこない。実際、料理人といわれる人はいないのだろうが。「今日はいいネタが入らないので、出来ません。」と言われるほうが信用できる。また目の前で握ってくれる寿司の方が旨い。板さんの顔が見え、手が見え、ぬくもりが伝わる。

BAUも一人一人を大切にする「おいしい学舎」であることを努力し続けます。

完全週休二日制が四月から始まった。しかし、本当に文科省のいう「ゆとり」「生きる力」が生徒に届いているのだろうか。総合学習も新しく導入されるが教師の方もとまどいは隠せないのが実状のようだ。土曜日に補習をする学校もでてきている。父兄や生徒の間で「ゆとりバカ」という言葉まで生まれている。結局、頭のいいものとそうでないもの、富めるものとそうでないものの二分化政策ではないかと思われる。子どもの躾(しつけ)や教育を体よく親に移行した措置だ。しかし躾のしかたを知らない親にとってはこれは最大の難題になっている。愛情を持ってかわいがることと甘やかすことを混同している父兄が多い。愛情を持って接していればそれだけ厳しく、心の中に深く飛び込んでいける。本気で叱れない、躾ができないのは真に愛していないといわれても仕方ない。本当に愛情を持って、自信を持って、二一世紀を担う子どもたちを育てていきたいと思います。


納得するまでの学習BAU福田塾
http://www.baufukuda.com/index.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BAU福田塾

Author:BAU福田塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。