スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かわいい子には旅をさせよ

子供の能力を伸ばしたい、そう思うのはどの親も考えは同じでしょう。ではどうすればいいのか。それが分からず試行錯誤しているうちにタイムリミットをむかえ子供もあっという間に高校生ということでしょう。
基本に戻って考えれば答はシンプルで、簡単なことなのかもしれません。勉強も生活の一部なのです。つまり、子供の生活態度がそのまま勉強面にも反映するのです。
では生活習慣がしっかりしてるとはどういうことなのかと言うと、それは自立すると言うことです。自立と口で言うのは簡単ですが、実際にどういうことをすればいいのか分かりにくいものです。子供のできることをどんどん広げてあげることが自立なのです。
最初は親が手を貸し、知恵を貸します。しかし、次からは自分でやらせることです。失敗してもいいから。料理でもいいし、そのあとかたずけ、自分の部屋の掃除、そういったことを自分でする習慣をつけることです。勉強しなさいと言う前に自分でするようになります。
あとは、親離れをすることです。もちろん、その適当な時期は個人差が多少あるでしょうがいつも自立を念頭に置いて子供に接してください。
今は子供が親から離れようとしているのに親が子供から離れられないといったことの方が多いようです。
スキー教室でもいいし、空手や剣道、テニスの合宿でもいいと思います。親元を離れて1日でも2日でも生活させてみることが大切です。帰ってくるたびに何かを学んできます。親が子どもに教えたいことは案外親からは学びにくいものです。

自分の経験ですが、中学1年の時には冒険の船というイベントに参加したり、16歳の時にはアメリカ留学、大学の時は数ヶ月のヨーロッパへの旅、それから機会あるごとにいろいろな場所に出かけて行きました。それらは自分の個性を形成したり、感性にいろいろな文化の影響を与えてくれるのにおおいに役立ちました。
若いときに自分の足で外国に出かけて行って、自分の眼で外国を見て感じ、大きな刺激を受けるということはとても大切なことだと思います。単に英語が、うまくなるというのではなく、自分の表現したいことに心を入れることが本当の意味での学習です。
子供たちにとって外国は地球の外の宇宙に思えるのです。まだ早いとかという考えもあるでしょうが、それではもう遅いということもあるのです。
「鉄は熱い打ちに打て」です。


納得するまでの学習塾BAU福田塾
http://www.baufukuda.com/index.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BAU福田塾

Author:BAU福田塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。