スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学年末試験に集中しよう

全員が合格することを心から祈る。もうすぐ3学期期末試験です。後一週間をきりました。今までが理解を中心をした学習からこれからは集中して自分の頭にインプットする学習に切り替えないといけません。この切り替えができないと試験に学習の成果があまりでないのです。
これから期末までの日を今日は何をしたかではなく、何を覚えたかにしていくことです。学校のワークも塾のプリントも答を書き込めばいいのではなく、それを完全にマスターしたかが大切です。間違えてしまったところは特別にメモなどに書き出しておきましょう(チェックシートの作成です)。もちろん解答は書きません。そのくらいの注意力とこだわりを持たないと学習も中途半端なもので終わります。
後は覚えること(インプット)は極力短時間で行うことです。時間がかかればかかるほど脳への刺激も逆に小さくなってしまいます。刺激は時間をかけることではなく繰り返すことの方が強くなります。面倒がらずに繰り返してみることです。
通学の時など案外いいインプットの時間なんですよ。時間が限られているでしょ。
そんな短い時間だからこそ、集中できるし、驚くほどたくさんのことが頭に入りますよ。理解は机の上が適当ですが、記憶はそうとは限りません。

効率的学習法
集中力ってどういう力でしょうか?それはあまり長時間でなされるものではなくいかに素早く、的確にできるかということでしょう。つまり、短時間でどれだけの成果があるかということです。
学習において絶対必要なのがこの力なのです。いろいろ学習したことを自分の頭に正確にインプットする能力なのです。どんなにたくさんのことを学んでもそれが正確にインプットされなければ、種をまいたが収穫がないのと同じことです。
ある一定の時間を使って何かを理解し、それを短時間でインプットするまでの行程を学習といいます。勉強ができるとかできないとかいいますが、できていない場合、どの部分がうまく行われていないのかを確かめなければなりません。
まず、学習意欲があるのか、理解力はあるのか、集中力はあるのかです。しかし、そのどれも訓練することによって伸びていきます。また、そのどれかが欠けていてもうまく成績は(収穫量)は上がりません。
では、インプットのしかたを考えましょう。人間である限り忘れることは避けられません。そこがコンピューターと違うところですね。コンピューターもただ保存しただけではいろいろ保存していくうちにどこに入れたか分からなくなってしまいますね。雑然とした図書館みたいになっていっていざ必要になったときすぐに見つけることができませんね。どこかにしまった覚えがあるということぐらいしか思い出せないでしょう。
それなら、整然とした図書館はどうなっていますか?きちんとジャンル別、著者別、著書名別に整理されているではありませんか。コンピューターもフォルダに分類して、ファイルに名前を付けてきちんと保存するでしょう。
人間の頭脳も同じです。記憶をたどる見出しを必ず1つ2つ付けることです。図書館の本を探すのと同じです。そこに迅速にうまくたどり着けるようにしておくことです。
天才といわれる人の頭脳は一つの情報が様々にリンクしているのだそうです。普通の人はそのリンクのスピードについていけなず、発想にもついていけないのです。分かりやすく言うと一般人の頭脳には大通りしかなく、目的地に行くにもそれなりの時間がかかるし、他人にもある程度想像がつくのです。それに対し、天才は大通りはもちろん、裏道や、抜け道、それが様々に入り組んでいるのです。だからひょこり思いがけないところから突然、すばらしいアイディアがでてくるように思えるのでしょう。

日々随想
2月15日 木曜日
今日は昨日から見ると気温が低いようだ。3学期の期末まであと10日。自分の担当している英語も一気にペースが上がる。試験範囲のテキストの全文暗記。それからワークブックなどを仕上げる。それから応用のプリント。うまくそれらが流れてくれればある程度の成績は確実に取れる。今週末までにワークブックまでの仕上げまで行ければなんとかなる。あっという間に一週間はたってしまうから1日1日がとても大切になってくる。それが自覚できている生徒とできていない生徒は結果に差がでる。卒啄という言葉がある。伸びたいという気持ちと伸びてもらいたいという気持ちが一致してはじめてあることが成就する。
中3は明日は公立高校の前期試験だ。2月に入ってから作文指導して十分練習は積んだ。あとは出されるテーマに従って自分をうまく表現できるかだ。様々のテーマについて日頃自分の考えがしっかりしてないとうまくまとまらない。友情、勉強する意味、旅、思い出、将来、人生、自己分析、読書、自然、文化、自由と責任。様々なテーマについてきちんと話をしたことがなければ自分なりの考えなんてもてないだろう。そういうことを含めてすべての科目は学ぶべきだと思う。ふところの深い勉強じゃないと教育といえないだろう。知識だけを覚えることはとても危険だ。心と知識は一緒に育たないといけない。


納得するまでの学習BAU福田塾
http://www.baufukuda.com/index.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BAU福田塾

Author:BAU福田塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。