スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

システム構造の歪  不安、不信、不快 笑顔が消えた現代人

人は大きいもの、構造化されたもの、組織化されたものにある種の畏敬の念を抱く。荘厳で巨大なものを目前にして自分の存在の小ささを思い知らされ圧倒される。自分の手の届かない別次元の力を感じる。その魔力を借りて歴代の大君たちは庶民を支配してきた。
大きな会社が建てた大きな建物を目にして、これなら大丈夫と思ってマンションを購入してしまう。造られたイメージは偽造だった。人間の盲点が巧みに突かれている。盲点ではあるが視点を変えれば必ず見えてくる。自分の目を信じることである。自分の目を信じるためには自分の生き方に自信が無ければならない。他人の意見を聞いて正しい情報を得ることはとても大切だが、人の話を鵜呑みにして盲従してしまうのは危険で愚の骨頂である。
自分の足を運び、自分の目で見て、自分の手で触れて、自分の頭で考え、自分の心で判断する。それが原点ではないだろうか。自分の大切なお金を使って家を購入するなら自ら現場に行って基礎工事を見て、柱の一本一本に触れて、次第に出来上がってくる床を歩いて、イメージを膨らませたり、修正したりしながら職人さんと一緒に家を建てていく。そんな姿勢が大切だし、愛情も生まれるのではないだろうか。家のところを「こども」や「ともだち」「おや」、「勉強」、「顧客」などに置き換えて考えたいものだ。特に学生時代は修行の時代、基礎工事に当たる大切な時期だ。その基礎工事を自ら手を抜いて杜撰な普請にしていないかよく反省してみるといい。人生設計は学生時代という基礎工事の上に成り立つというイメージを持て。
システムの中では自分の存在が薄れ、個人の責任の所在が不明になりやすい。一人ひとりが自分の仕事を正確にきちんとこなしていればシステムは正常に機能し効率的だろう。しかし、人間はミスをするものだし精神的にもろい部分もある。完全な歯車になれないのだ。人間の本来持つ想像力や独創性を制限されるようであれば当然フラストレーションがたまり能率が悪くなるだけでなく、さらに悪い方向に行きかねない。

昨年のニュースから
偽造紙幣、偽造ハイウェーカードの犯罪
―ITが生み出した副産物
自民圧勝、郵政民営化法案可決
―吉と出るか凶と出るか。
みずほ証券がジェイコム株の入力ミスで数分間で数百億円の損失を出した。
―よく倒産しないものだ。
ホテル、マンションの耐震強度偽造事件責任の所在が不明のままで公的資金が投入される。
―まだまだ絶対続出する。
大手学習塾でアルバイト講師が小学6年生を殺害した。
―教室にモニターやのぞき窓を置くよりも信頼関係と笑顔を置くべきでしょう。
巨大総合病院での相次ぐ医療ミス。
―人の命を軽く見ないでほしい。医は錬金術じゃない。
予算を使い切ればいいという安易なお役所的発想から生まれる負債の悪循環。
―あなたも税金払ってるんでしょ?因果応報って知ってる?
何十億円という多額の横領事件。
―見つからなければなんでもありですか。
凶悪犯罪の蔓延。
―金融機関やコンビニに行くのが怖いね。人が泥棒に見えてきてしまいます。
若い主婦や夫による児童虐待。
―コドモには児童を育てられないよ。
ゆとり教育って何だったの?
―教員のゆとりだった。

システム構造の歪の中で人間関係が薄れた。笑顔の人間関係を再構築していくためには個人の力を生かし、それを全体の力に集結していく発想が求められる。失敗が即減点につながる今の成果主義では個人の大胆で画期的な意見が影を潜め、無難で先細りの路線を歩んでいくだろう。
とにかく昨年は偽造で始まり偽装で終わった年だった
恐竜は地球の王者として君臨した。しかし、ジュラ紀という短期間に限ってである。生き残ったのは小さくて弱い動物だった。


納得するまでの学習BAU福田塾
http://www.baufukuda.com/index.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BAU福田塾

Author:BAU福田塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。