スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BAU TIMES

昨年(2005)末の時点で約813兆円、1万円札で積み上げると高さ8130メートル。富士山の高さの2.5倍になる。また、赤道上に縦に並べるとすると、地球を400周以上することになる。
経済規模と借金の額の比率で見ると、先進国では日本は米国と並んで最悪の水準となる。国民一人あたりに換算すると約636万になる。それで国の税収は約46兆円。実際に国が負担している額は約90兆円。46-90=-44。44兆円の借金が毎年増えていく。後4年もすれば日本の借金は1000兆円になってしまう。
年金制度が事実上崩壊しかかっている。消費税率も10%は軽く行くだろう。都合のいいときだけ諸外国を持ち出してくる。諸外国の消費税を見てみるとフランス19・6%ドイツ16%イタリア20%イギリス19・5%スウェーデン25%中国17%韓国10%となっている。食料品に対しては0~5%に抑えている国もある。アメリカ合衆国は小売売上税という名目でニューヨーク州では8・25%となっている。ちなみにチップとしては25%くらいが普通とされている。しかし、考えなければならないことは諸外国の財政状況だ。日本のように無計画に税の無駄遣いを国民に押しつけているわけではない。
どうしてこんなに借金がふえてしまったのか? というよりどうしてこんなに借金をふやしてしまったのだろうか? 90年代にバブル経済が崩壊して税収が減り、景気回復を狙って公共投資を増やしてそれがまったく上手く運営されていない。高齢化で社会保障費が増え続けている。少子化(2005年出生率1・25)で将来の納税者である子どもが少ない。官僚や政治家は頭がいいはずではないのか?バブル期には調子に乗って各市町村に1億円ずつばらまいた。今や、平成の大合併で地方都市が大きな都市に吸収合併されている。地方都市版のM&Aだ。
東京や大阪などの大都市は国の心臓部だからなんとか動いている。そのまわりの衛星都市もなんとか生き残っている。心臓部から遠く離れれば離れるほど金の流れが滞り経済的にいきづまり壊死に近い状態になっている。地方都市に行ってみると駅の近くの商店街や従来の繁華街は大多数の店がシャッターを下ろしている。郊外に大店舗が作られごっそり顧客を奪ってしまった。車で移動できないお年寄りだけが近所の商店に足を運んでくれるが、わずかばかりの購買力では商店がもたない。格差社会はいたるところで進んでいるのだ。

小学校で英語を教えることになり、いろいろと物議をかもしている。教え方によっては有意義になるだろうが小手先で英語を教えてみようくらいの考えではかえって百害あって一利なしの結果になる。官僚指導の見切り発車になる。ゆとり教育の轍を踏むことになる。適切な発音指導や文化、国際理解がなされなければ英語の能力向上はもちろん徒労に帰して、変に身に付いてしまった悪癖を取り除くのに手間がかかる。そのまま日本語の発音の癖のついたまま英語教育が進められてしまえばピジンイングリッシュになってしまうだろう。小学生の英語はクラス担任が中心になって教えることになっている。
何を子どもたちに教えていくべきなのか。子どもたちは選択することができないのだから大人が真剣に子どもたちのまわりの環境(情報)を整備していく責任があると思う。子どもは与えられた環境に染まっていく。適応能力は大人の数倍備わっているのだからその学習スピードは驚くほど速い。パソコンも驚くほど早くマスターし、ゲームも携帯電話もいとも簡単に使いこなしてしまう。ゆとり教育の中で育てば当然ハングリー精神は育たず不登校や引きこもりが増えてくる。打たれ弱くなる。
自然に多く触れその摂理を学び、地理や歴史、政治に関心を持ち見聞を広げる。数字に強くなり経済的観念を身につける。外国語を学ぶことによって諸外国のことに関心を持ち自ずから日本のことも見えてくる。バランスよく学ぶことによって自分の可能性を広げ社会に多く貢献できるようになる。
今、本当に大人が真剣に子どもの環境整備を考え整えないと日本の国際競争力は落ちて813兆円の借金は増え続け永遠に先送りされることになるだろう。
教育基本法改正で愛国心を謳うのもいいが子供達に夢と現実を理解させることも忘れてはならない。



納得するまでの学習BAU福田塾
http://www.baufukuda.com/index.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BAU福田塾

Author:BAU福田塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。