スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負けてたまるか 今に見ていろ!

総合学習の時間を設けてゆとり教育を進めてきて「生きる力」を育てるはずであった。それが見事に正反対の結果を導いてしまった。自ら生きる力を失って他人のせいにする老獪ぶりを学んでしまった。競争をなくすという大義名分ばかりのゆとり教育のもとで社会には自由競争が激化し格差が広がった。そのギャップの中でニートの数が60万人を超えている。フリーターや派遣社員の数は500万人を超えている。

なぜ日本は自分の大切な文化をいとも簡単に切り捨ててしまったのだろう? 戦後のアメリカ合衆国の日本復興プロジェクトに乗って経済的には確実に成長した。しかし、その経済繁栄もアメリカがまいた種だから収穫はもちろんアメリカがすることになっている。日本各地に米軍基地が配置され、日本の民間機が肩身の狭い思いをして飛ばさせてもらっているのが現状だ。日本国憲法をアメリカに作ってもらいそれを後生大事に国家のバイブルのように信じている人も多い。アメリカの核の下にありながら非核三原則を唱えているのは周囲からは虎の威を借る金持ちの狐のように見えるのではないだろうか?

アメリカによる日本復興プロジェクトは大成功を収め日本はアメリカの文字通りドル箱となった。しかし、アメリカの思惑以上に日本は成長した。それは日本の教育制度がアメリカの予想を遙かに越えて充実していたからにほかならない。「読み書きそろばん」を基本とする日本の教育の基本姿勢は世界一の頭脳集団を造りだした。これにはアメリカだけでなく世界も驚いた。しかし、どんなシステムも改良の余地はある。アメリカにその間隙をつかれた。あまりにも完成度の高い教育システムは無機質で画一的な生徒を作りだしているかのように見えた。そして次第に国民が裕福になるにつれ教育制度が崩され始めた。もっとゆとりのある学習こそ人間性を豊かにし、個性を伸ばし生きる力を育てることができるのだと。今もなお小学生から英語学習を入れるべきだという妄信的な信念を持っている人が多い。戦時中の植民地政策の延長戦がいまだに続いていることは驚きだ。日本の街がアメリカの街に変わってしまった。

個人の人権だ、女性の人権だ、子どもの人権だ、加害者の人権だのと人権宣言が再び登場してから日本の社会制度もぐらついた。いつの間にか人権王国になってしまっている。このままでは人権闘争が起きて世界有数の訴訟国になる。そのために日本は裁判員制度をいそいでいる。

子ども人権主義がいつの間にか子ども中心主義に取って代わって大人が子どものレベルまで成り下がってしまった。いわゆる俄教育評論家が「子ども視線でものを見て」などともっともらしいことを言うとマスコミがそれを盛り上げた。子どものためにおいしい朝ご飯とおいしいお弁当を作り、父親よりもおいしい夕食をだすことがいい母親であるかのごとく煽り立てた。自らが親の座から降りて子どもの顔色を覗うざまになった。父親は子どもとたわいもない話などしなくていい。肝心なときの鶴の一声でいい。

親として子どもに伝えなければならないこと。それは品格だ。他人の大勢いるところでは騒がない、他人に迷惑をかけてはいけない。礼儀作法も、食事作法も以前は家庭で教えた。その延長に学校があり教師も威厳を持ち生徒から信頼を受ける関係が成立していた。今は親の方の品格が崩れ始めている。

人間が強く優しくなれるための条件として厳しくつらい人生体験が絶対に必要不可欠である。厳しい経験が人間を強くし、つらい経験が人間を優しく成長させる。打たれて揉まれて人間は我慢を覚え、我慢という漆黒の闇の中から一条の陽光を感じ取ることができる。その一条の陽光こそ第二の人生の始まりだと言える。愛おしく、温かい希望の光を感じた弱々しい小さな芽が大空に向かって微かな成長が始まる。「負けてたまるか、今に見ていろ!」と歯を食いしばりながら健気に生き始める。



納得するまでの学習BAU福田塾
http://www.baufukuda.com/index.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BAU福田塾

Author:BAU福田塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。