スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供に何を与え何を我慢させるべきか?

携帯電話って本当に必要なのでしょうか。
携帯って本当に学生に必要なのでしょうか?今高校生では7,8割の生徒、中学生でも3,4割は持っているのではないでしょうか?仕事で持たなければならないのならともかく、友達との連絡やメール、出会いサイトなどいろいろ気をひくものが凝縮されています。IT革命といわれますが、携帯を持つことはIT革命の名を借りた一種の遊びにしか思えません。一日中携帯を持ち歩き、メールが来たか、電話が入ったかどうかいつもそわそわしてまるで集中力がない生徒がたくさんいます。ひどいときは、学校の授業中でもメールを送ったり、メールを読んだり友達に電話をかけてしまう生徒もいるのです。学習に対する集中力を妨げています。
最近では携帯の出会いサイトとで簡単に知り合うことができ、相手がいったいどういう人かわからないまま次第に深い関係になっていって最後にはとんでもないことになってしまうことがあります。最近では茨城の主婦が高校生に殺害されました。また、自分の名前を偽名にしてそういうことを面白がっている人も多いそうです。
直接会って相手の顔を見て話をする、相手の意見をじっくり聞き、自分の意見を聞いてもらう。そういうことがコミュニケーションの基本ではないでしょうか?携帯に登録されている人、メルトモって言うそうですが、その人がほんとに自分の真の友達なのか再考してもらいたいものです。きちんとしたコミュニケーションがうまく取れないから携帯で簡単に友達らしきものを持って安心する。それがまたきちんとしたコミュニケーションをとることをさらに困難にするという悪循環がなされているような気がします。
授業中、生徒にこれについて「あなたはどう思いますか?」っていう質問をします。すると帰ってくる言葉がたいてい、「分かりません。」など、本当に簡単な一言二言なんです。まるで、コンビニで何かを簡単に済ませるように感じます。何かを深く考える思考力、鋭く観察する洞察力、ねばり強く努力する忍耐力、周りを引っ張っていく指導力、そういう現代に一番必要な力が若者からどんどんそぎ落とされているように感じるのです。
アメリカに行く機会がありますが、アメリカの若者が携帯を持っているのを見たことはほとんどありません。アメリカの携帯は日本のより、かなり大きくて重いのです。それにたぶん値段も高いのではないでしょうか?
アメリカが日本に電話料金の値下げを要求してきたり、インターネットの接続料の値下げを迫っているのも、日本の将来を支える若者をどんどん無知にしている陰謀のように思えます。国の勢力を落とすにはその国の教育レベルを下げるのが一番有効なんです。これが後で致命傷になります。
ここ十年、日本はアメリカに合わせ、ゆとり、個性を重視した教育をうたい文句に教育内容を削減し、週休2日制を取り入れ、偏差値を廃止しました。その結果どうでしょう。学級崩壊が起こり、生徒の質も教師の質もがくっと下がったことが現実です。
アメリカの教育って本当にベストなんでしょうか?
最近でも、高校で銃の乱射事件があったり、登校するときにボディチェックをする学校もあります。相変わらずドラッグが蔓延したりしています。いろいろな民族がいる都市部では学力差もかなりあります。日本がその後を追いかける理由があるのでしょうか?犯罪もますますアメリカ化しているのが現状です。
日本は資源の乏しい国です。日本独特の教育方針で、世界で一番優秀な国民を目指していいのではないでしょうか。それが日本の国益にもつながるし、日本人の誇りにもつながるのではないでしょうか。
10年前はアメリカも不況で多額の負債を抱えていました。失業率も8%を越えていたのです。そのとき日本はアメリカの王座を奪い、ジャパンアズナンバーワンを言われました。それからアメリカの日本たたき、ジャパンバッシングが始まったのです。しかし、日本の教育はアメリカと違い土台がしっかりしていました。特に理数系に関しては世界でも1,2だったでしょう。アメリカがその日本の教育制度を驚異に感じたのも、もっともだと思います。それを根っこから掘り起こし、根絶やしにしてしまえば日本の将来ももはやアメリカの驚異にはなりえません。
中高生に携帯を持たせるのはバイクや車の免許を取って乗ることより危険なことなのではないでしょうか?


納得するまでの学習BAU福田塾
http://www.baufukuda.com/index.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BAU福田塾

Author:BAU福田塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。