スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学習効果を上げる方法~直線から円へ

学習していて成果がでるということは学習した箇所を理解し、間違って解釈していた箇所が正しく補正されるということです。間違えることは大きく分けて2種類あります。一つは前述したように間違って解釈している場合、そしてもう一つは十分な学習もしていないで自分の予測というか感覚というかまたは勘といったもので解答を出してしまう場合です。
前者の方は再度学習することで自分の学習した箇所が不完全であったり誤解して解釈していたことに気付いて正しい解答が得られます。やっかいなのは後者の間違え方で、こういうタイプのミスを多く犯しがちな人は常にリスクを負って解答すること(ギャンブル)に慣れてしまっているのでその習性(性格)を変える必要があります。交通ルールをよく知らないで始めっからスピードのでる車で公道を走るのと同じです。まずは落ち着いてルールを学び、自分の能力を知り確実に安全な走行を心がけるべきです。

さらにこのタイプの人は場当たり的な学習をしてきているのでどこが分からないかも分からなくなってきます。「どこが分からないの?」と聞くと「全部」という返答が返ってきます。つまり、設計図のない家を建てるのと同じで、トイレがどうなっているか、台所がどうなっているか、リビング、収納、階段がどうなっているか造れば造るほど混乱してくるのです。その結果、家は傾き、水は漏れ、いつ崩れるか分からないのです。

このタイプの人の注意すべき点はまさか自分がそうだと思っていないところです。なぜなら部分部分は一見すると普通に見えてしまうからです。短い問題や比較的短い範囲の試験などでは得点ができても少し長めの問題や複雑な問題になると思考停止状態になりがちで広範囲にわたる試験になると得点がしにくくなるというのがこのタイプの特徴でもあります。

また学習のやり方で多く見られる特徴はとにかく試験に出るかどうかが一番の関心事で最小限の勉強で最大限の効果をねらう直線的な方法を採ります。直線的な方法であるが故、少しでも変化球が飛んできたりすると同じ種類の問題だと気付かず「先生、やったところ全然でませんでした」という感想が返ってくる。

全く同じ問題なんて出るわけはないし、万が一出たとしてもそういうタイプの人はおそらく間違える。得てしてこういうタイプの人の口癖は「面倒くさい」「何で私が(おれが)?」何事も今、流行の「そんなの関係ねえ」で済めばいいのだが・・・

それでは総合力を身につけるにはどうしたらいいか?それはリビング、台所、トイレ、そういった場所と場所の動線を考えなければならない。つまり広角の視野を持つ幅のある学習をすることです。社会科を学習するということは理科も学習していること、理科を学習することは数学も学習し、英語を学習することは国語、歴史、地理、文化をも学習することに繋がっているのです。

つまり基礎学習はすべて繋がっていて境界線があるようでないのです。前述した直線的な方法に対して丸みのある円形方法だと思います。円と円でどんどん面積を広げていきますと重なる部分ができてきます。その部分が動線です。応用力です。重なった知識は断片的なものから重層構造になってきて崩れにくく、その上にさらなる圧力のかかる学習にも対応できるのです。

目先の欲にとらわれず自分の知的好奇心にふたをしないこと。自分の基礎を造っているのだから面倒くさがらず落ち着いて重層構造の基礎を造り大局的な視野で物事をとらえたいものです。
第一次南極探検隊副隊長の西堀栄三郎さんの言葉より
何事も億劫がって面倒くさがって簡単に得た知識は役に立ちません。自分の足で自分の身体を使って苦労して得た知識が応用の利く生きた知識となるんですね。



納得するまでの学習BAU福田塾
http://www.baufukuda.com/index.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BAU福田塾

Author:BAU福田塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。